RYOKO SUZUKI Works
鈴木 涼子 -2009年8月1日(土)〜21日(金)-


”RYOKO SUZUKI Works”


可愛いモノに囲まれている国、日本。
私自身可愛いものを自然に受け入れて、思春期を過ごしましたが、最近「カワイイ」ものがこんなに巷に溢れかえっているのは、日本だけだと気がつきました。

ANIKORA第3弾となる今回のシリーズは、「カワイイ」をサブテーマにしています。ANIKORAシリーズの基調テーマであるアニメの美少女キャラは、男性視点を非常に判りやすく反映していると言えますが、「かわいいモノ」達はそう簡単ではありません。

身の回りを沢山の「カワイイ」で固めているオンナノコ達は、可愛いモノに囲まれることで、何かを表現して、他者へ向けて発信しています。「カワイイ」事は、少女達にとって、一番の価値があることですが、彼女達は、カワイイを纏うことで、何から身を守ろうとしているのでしょうか?


また、今回展示しているもう一つの「home light」シリーズは家を写した作品ですが、あくまでもテーマはそこに存在する家族(人間)です。

家という器は、家庭における最後のファンタジーなのではないかと感じたとことからこの作品は始まりました。家は「house」として建ち、そこに家族が住むことによって「home」と言う関係が出来上がっていく。
home light DVD作品の、夜になると昼間のざわめきが消える瞬間、私たちはhomeの夢を感じることが出来るでしょうか?夢を見ることが出来なくなったとき、すべて既存の関係は、消散していくのかもしれません。


ANIKORAシリーズも、home lightシリーズも、写真という概念の中では大型の作品に仕上がっています。また、それぞれDVD作品も、今回、展示しているので、メディアが変化した印象の違いを楽しんでいただけたら・・・、と思います。


Written by 鈴木 涼子



ー 鈴木 涼子 略歴 ー

1970 北海道札幌市出身
1990 武蔵野美術短期大学部絵画科卒業
1994 創形美術学校美術造形専門課程研究科版画課程修了
2005 札幌医科大学/保健医療学部非常勤講師 芸術論(美術)
2006 札幌医科大学/         〃
2007 文化庁芸術家在外研修員としてドイツで研修


詳しい略歴は、下記のサイトをご参照ください。

RYOKO SUZUKI WEBSITE
http://www.ryokobo.com/